これからも妊婦さんには席を譲りたいです


最近はスマートフォンのアプリケーションで、妊婦さんが電車の席に座りたい時に、そのアプリケーションをもった人が席を譲ることができるような仕組みを、社会実験としてやっていることを聞きました。
私にも子供がいますし、妻が妊娠している時の大変さを理解していますので、妊婦さんが電車に乗って来た場合には、席を譲るようにしています。

ある日、仕事に大変疲れて電車に乗っていましたが、たまたま席が空き、座りました。
その後、電車でうとうととしていると、目の前に妊婦さんが立っていることに気づきました。
慌てて席を譲ったのですが、妊婦さんが電車から降りようとした際に、「疲れている状況にもかかわらず、席を譲って頂き、ありがとうございました」との一言をいただきました。

自分は妊婦さんがいらっしゃれば席をゆずるという気持ちだけだったのですが、自分の様子を見ていただいていたことや、感謝の言葉をいただいたことに、大変嬉しく思いました。

Navigation